ホーム > 活動記録 > 写真アーカイブ >空間デザインのイベント/デザイン・トリプレックス13(Design Triplex 13)

写真アーカイブ

2017年02月24日㊎〜03月5日㊐ 空間デザインのイベント/デザイン・トリプレックス13(Design Triplex 13)

(公社)日本サインデザイン協会(SDA)中部地区・(一社)日本空間デザイン協会(DSA)中部支部・(一社)日本商環境デザイン協会(JCD)中部支部が共同で行う空間デザインイベントです。2005年より各団体の年間アワード作品の展示と、受賞者を招いてのシンポジウムを開催しています。 デザイン展『日本の空間デザイン賞展』では、SDA・DSA・JCDの主催で、過去一年間に制作された美術館・博物館・商業施設・アミューズメントパーク・展示会等の優秀なものを顕彰。広く空間デザインを網羅する最新のデザイン動向を、写真パネルで紹介しました。会場は、セントラルパーク地下街北端のセントラルギャラリー。地下鉄の乗降客や地下街の買い物客など、幅広い層の目に触れる場所で9日間開催しました。 イベント期間中には『MIZKAN MUSEUM ~「体験」のデザイン~』と題し、お酢でお馴染みのミツカンが半田市に所在する本社ビル横へ、2015年にオープンした「楽しみ学べる体験型博物館」、MIM(ミツカンミュージアム)プロデュースに携わった内藤純、神志名剛両氏を講師に招きシンポジウムを開催。ミツカンのものづくりへの想いや変革と挑戦の歴史をどのように具現化したのか、記録画像やプロモーション映像など見応えのある資料とともにお話しいただきました。会場は栄ガスビルのキングルームで、ほぼ満席の動員。 シンポジウム終了後には会場を移して交流会を開催。内藤、神志名両氏を囲み、大勢の参加者が歓談しました。

イベント詳細
https://www.facebook.com/events/245838212526593/

Design Triplex - Facebookページ
https://www.facebook.com/Design-Triplex-759578044155872/

■講師プロフィール:
内藤 純(ないとう じゅん)
株式会社 電通ライブ
取締役副社長 COO

早稲田大学理工学部建築学科卒
1985年 電通入社
2017年より電通ライブ COOを勤める。

展示会、ショールーム、店舗開発、都市開発など、多くの実績を誇る。
2005年の愛・地球博トヨタグループ館の総合プロデューサー、2015年ミラノ万博 日本館展示プロデューサーをはじめ、国際博覧会において、数多くのパビリオンをプロデュース。
スペース、映像、グラフィック、プロダクトなど幅広い領域でのクリエイター人脈とプロダクションネットワークを有する。

神志名 剛(かしな ごう)
株式会社 電通ライブ
クリエーティブユニット ユニット長

東京大学工学部都市工学科卒
1990年 電通入社
2017年1月より現職

“体験価値”をいかに提供するか?の視点に基づき、自動車・食品・化粧品・洋酒などのブランドの常設店舗・ポップアップショップ・ショールームの開発に従事。

グッドデザイン賞 2005年 金賞、
SDA賞2008 サインデザイン賞 優秀賞、
カンヌライオンズ 2013年メディア部門ゴールドなど受賞多数。

●主催
デザイン・トリプレックス13実行委員会
(公社)日本サインデザイン協会中部地区/(一社)日本空間デザイン協会中部支部/(一社)日本環境デザイン協会中部支部

●後援
名古屋市/名古屋商工会議所/株式会社国際デザインセンター/中部デザイン団体協議会

●協賛:アイオーシー株式会社/株式会社アイビーネット/愛知名古屋ディスプレイ協同組合/株式会社アベルコ/有限会社飯田看板店/イズムデザインスタジオ/稲菱テクニカ株式会社/H&Pコンサルタンツ/株式会社AD/広告デザイン専門学校/有限会社サインデコ/株式会社鈴木プロセス工芸/株式会社スペース/株式会社大和工芸/学校法人河合塾学園 トライデントデザイン専門学校/名古屋芸術大学 デザイン学部/株式会社乃村工藝社/株式会社バイタル/株式会社バウハウス丸栄/株式会社ファースト/株式会社マツタニ/株式会社レ・プロローグ

●ユネスコ・デザイン都市なごや連携事業